【検証】アムウェイ鍋は買うべき?ホントにお得か体験してみた!

頑張っているのにダウンができない、福岡在住の40代のママさんへ(タップ!)

ホントに凄い?!

世界最大手ネットワークビジネスカンパニー、MLMの王様であるアムウェイ社と言えば「お鍋(クィーンのクックウェア)」と思い浮かべる方も多いと思います。それだけお鍋が有名で、おすすめされることが多い商品ですね。

何がどう凄いのか、お値段、評判、口コミ、使い方など、今回、私自身が実際に使ってみた感想も織り交ぜつつお伝えいたします!

アムウェイのお鍋関連の年間売上はなんと!!

日本アムウェイ社が公式に発表している2016年度の製品グループ別売上高を見てみました。

単位:百万円 売り上げ構成比
ホームケア製品 3,161 3.1%
ハウスウェア製品 22,949​ 22.8%
パーソナルケア製品 26,049 25.9%
栄養補給食品 45,474 45.3%
その他 2,839 2.8%​
合計 100,471 ​100%

2016年度はハウスウェア製品群は年間22,949百万円を売り上げております。。。

つまり!クィーン(お鍋などの調理器具)だけで、売上が年間に230億円も!!!

驚きですね。

という訳で、なんでも気になったら試さずにはいられない(笑)という事で、売れている理由を確かめるべく、今回、私自身が実際に使ってみた感想も交えてお伝えします~

(↓↓実際に私が試した効果については、この記事の後半でお伝えします~お楽しみに♬↓↓ )

アムウェイ鍋の値段一覧!

お鍋はセットで販売されていて高いらしい、と聞きますが、一体いくらくらいするのでしょうか。お値段は大事なところなので一番気になりますよね。

基本の21ピースセット 会員価格: 138,460円

※小売価格: 186,920円

21ピースはお鍋が6つなので、平均してみると1鍋あたり23,000円程度で購入できる計算ですね。(小売価格では32,000円程度)

基本21ピース+4ℓシチュー鍋の24ピースセット  会員価格: 155,250円

※小売価格: 209,590円

24ピースはお鍋が7つなので、平均してみると22,000円程度ですね。(小売価格では30,000円程度)

どうでしょう、お高いでしょうか?

アムウェイ鍋最大のライバルのビタクラフト、鍋好きさんにはおなじみの老舗フィスラー、人気のMade In Japan無水鍋バーミキュラなどなど。。。人気ブランドのお鍋と比べてもあまり変わらない気がします。

「アムウェイ鍋はまとめて購入しなくてはいけない」という先入観が先行してしまって”お高い買い物”というイメージが付いて回っているのかもしれませんね。

そしてもちろんセットにしなくても、すべてのお鍋やパーツは1つずつバラで購入可能です。

ですが、バラバラに購入すると21ピースセットは171,950円(会員価格)、24ピースセットは211,070円(会員価格)、と2~3割も割高になってしまうことも分かりました。

アムウェイ鍋の評判はいかに?!いいの?悪いの?

子育てママ、主婦にとって、お鍋は毎日使うものですから、やはり買う時は評判も気になりますよね。

という訳で、世間の口コミを調べてみました。

アムウェイ鍋セット  良い評判
  • 無水で調理ができます。食材の栄養素が逃げないから健康にも良く、時短にもなり、うれしい調理器具です。
  • 油も少量で調理ができますので脂質を抑えたヘルシーな調理ができます。かなり健康意識の高い私にはうれしい話です。
  • ステンレス多重構造になっている鍋なので、熱が満遍なく伝わり弱火でも調理ができ、保温性もすごく良いです。
  • アムウェイの鍋はケーキ作りも楽しむことができて、スイーツ好きな私には最高にうれしい鍋です。
  • 私は、あれこれ18年前に購入しましたが、お気に入りです。
  • 大きい鍋から小さい鍋、プライパンまで、全部持っています。焼く、炒める、炊く、揚げる、茹でる、煮る、蒸す、冷製もの、燻製まで幅広い調理がこなせます。

やはり悪い評判も目立ちました、でも使ってみなくては分からない!(笑)ということで、会員の方のお宅へ行きお鍋を借りて使い方を学んでみることにしました!

ここからは会員の方のアドバイスにプラスして、私が感じた感想も一緒にお届けします~

アムウェイ無水鍋(クックウェア)のここがポイント!
  • 「水封現象」でおいしさを逃がさない 

無水鍋は水封現象を起こし熱効率を高めるため多重構造になっている。通常の鍋のと勘違いして使い方を間違うと単なる重い鍋で終わってしまうので注意。

>>ここ注意!と思いました。まずは使い方を覚えないとだめでして、覚えずに通常のお鍋の感覚で使ってしまって失敗した方などの感想が、悪い評判につながっているのかもな~と感じました。

  • 「無水調理」「無油調理」でヘルシーに!

このお鍋の特長のひとつ「無水調理」は素材自体の水分、最低限の水分だけでほとんどの調理が可能なので、栄養素がゆで汁に逃げるのを最小限に抑える。しかも調理時間が短いので、加熱による栄養素の損失もセーブ。また「無油調理」もOK。

>>普段からテフロンのフライパンかル・クルーゼを使っている私にとって、無油調理は特別ではなかったですが、なんでもかんでもほぼ「無水調理」OKなのは、かなり新鮮でした!

  • 「重ね調理」も簡単で、とってもスピーディー

スピードの秘密は、保温性に優れた「多重構造」。鍋は、18/8ステンレスで炭素鍋をはさんだ3層構造。フライパンは、7層構造。この多重構造が熱を均一に伝え、素材をムラなく加熱し、調理時間を短縮。さらに、ひとつの熱源で鍋を重ねる「重ね調理」も可能。

>>ビタクラフトはお鍋もフライパンも一律で5層構造でしたね。対してアムウェイクィーンのクックウェアはお鍋が3層でフライパンが7層。。。もはやその2層の多い少ないの違いがどうなのかは素人の私には分かりませんが(笑)、敢えてビタクラフトとの違いを言うのであれば、アムウェイは”蒸篭(せいろ)”のような「重ね調理」が売りでしょうか。上手に使えば1つのお鍋で3品を1度に作ることができます!

  • 省エネで、使うほど経済的

熱を均一に伝え、高い保温性があるので、中火からとろ火ですべての調理が行え、火の通りがはやいから、調理時間も、光熱費も節約。余熱を使った料理の仕上げも可能。

>>焼き色が欲しい時は、蓋をして最初の5分ちょっとを強火に近い中火にします。そのあとはすぐにとろ火でOKですので光熱費は本当に減るかもしれないな、と感じました!子だくさんや食べ盛りのお子さんがいるご家庭は光熱費が抑えられたら助かりますよね。

  • 長く使い続けられるからお得

丈夫で傷つきにくく、サビに強い18/8ステンレス鋼は、とても耐久性に優れており、ハンドル、フタのノブなどの小部品は交換可能。

>>18金ステンレスは注射針などの医療器具と同じ素材ですね。身体の内部に入れても平気な素材ですから、食べるものを調理しても安心という訳ですね。なんでもこのお鍋たちはとってもタフで、10年でも20年でもへたらずに使えるそうですよ。(お邪魔したご家庭のお鍋も20年選手でした!)

  • おいしさ広がる調理法

焼く、炒める、炊く、揚げる、茹でる、煮る、オーブン、蒸す、冷製もの、燻製、と従来の鍋にはない特長を活かした使い方ができる。

>>それぞれの頭文字を取って「やいたあゆにおむれつくん(焼いた鮎にオムレツくん」というそうです(笑) パンやタルトなども美味しく焼けたし、揚げ物は少量の油で揚げられたし、これで20年買い替えなしなら、なかなか満足度は高いかな~と思いました。

まとめ

さて、長くなりましたが、いかがでしたでしょうか??

アムウェイのクィーンの無水鍋(クックウェア)は実はお値打ちだった!ということが分かりましたね。

私は欲を言えば、サイズのバリエーションにやや不満を感じました。取っ手も取れたら収納ももっとキレイかな~とも思いました。

まとめてアムウェイのお鍋だけを購入するのも良いかもしれないですが、使いたいサイズやデザインに合わせてメーカーを変えて揃えて行くと、ご自分の満足度もキッチンの完成度も高いかもしれませんね!

頑張りたいけどママ友勧誘はしたくない!その悩み解決します!

ネットワークビジネスで一番怖いこと。。。世間の悪いイメージで「友達の信用すら失ってしまう」と言うこと。

だからビジネスを切り出せない。それにママ友は勧誘したくない。

勧誘する相手が友達以外に簡単に見つからないなら。。。もう稼ぐことをあきらめるしかありません。

でももし、その人脈が無限に増えていき、しかも相手の方から「話を聞かせてほしい!」と言ってくる方法があるとするならば、どんな方法なのか興味が沸きませんか??

勧誘にセミナー、限界があるよね。。。ここなら人脈が無限に広がるSNS集客があります!(タップ!)